1歳半健診は何をする?横浜市の内容をご紹介!

集団での健診は4ヶ月健診に続いて2回目ですね!

1ヶ月半健診って何をするんだろう?うちの子全然できなかったらどうしよう?と結構ドキドキしている方もいるかと思います。

今回は、横浜市の1ヶ月半健診の内容について詳しくレポートしていきたいと思います!

スポンサーリンク

1歳半健診の内容は?

1歳半健診の内容は?

1ヶ月半健診の内容は、歯科検診や計測、診察等はどこも共通して実施していると思います。

問診に関してだけは、エリアによって若干違ってくるようです。

問診時にどんなことを指示されるのか気になる人が多いと思いますので、今回は横浜市の健診の内容についてお伝えしていきたいと思います!

横浜市1歳半健診の場所と日時

横浜市1歳半健診の概要
場所:役所内や保健センターや保健福祉センター
いつ?:平日指定された日
時間帯:午前中か午後の指定された時間帯
※案内に場所や日時の指定が書いてあります!

 

ちなみにですが、今回私の住んでいるエリアでは、受付は午後の時間帯でした。

実施しているのは平日ですが、夫婦で来ている方もチラホラいました!

SunaSuna

お昼寝の時間と被る子も多かったのか、結構泣いている子もたくさんいました!なので、不機嫌になってしまうかもとか、泣いちゃったらどうしようとか、あまり気にしすぎなくて大丈夫です!

当日の流れと内容

当日の流れと内容

当日の流れと内容をご紹介します!

まずは、流れですがこのような感じで進んで行きました。

①受付→②問診→③歯の健診→④測定と診察→⑤終了→⑥希望者は個別相談

それぞれについて、詳しく見ていきます!

大体90分~120分ほど時間を見積もっておいた方が良さそうです。

受付

母子手帳と問診票を提出します。

噂では(?)受付開始30分前くらいに行くと1番をゲットできる!と聞いていました。

結局私が到着したのは、受付開始のちょうど10分前でしたが、12番目でした!

思ったよりも早い番号をゲットできてラッキーでした♪

問診

問診票を見ながら、確認や質問をされます。

同時に、指さしの確認をされます!!

絵本に書いてあるいくつかのイラストを見て、質問「わんわん(くつやバスなどのパターンもある)どれかわかる?」に対して指さしで答えられるかを見るようです。

歯科

歯の状態を診察してもらいます。

歯の生え方や虫歯の有無や汚れの状態等を見ているようでした。

ここで指示があればいつも使っている歯ブラシを使ってアドバイスを受けたりします。

測定と診察

体重・身長・頭囲を測ります。

その後、今日のすべての結果を見ながらお医者さんよりお話をされます。

同時に心音や頭形等の確認をします。

他にも予防接種の確認や、気になることなどがあれば聞くことができます!

指さしができなかったらどうなる?

指さしができなかったらどうなる?

おそらく、多くの人が心配しているであろう指差しが全くできなかったらどうなるの?という質問について、私なりに経験から分かったことをお伝えしたいと思います。

現在5歳になる長男ですが、1歳半健診時、絵本のイラストを見ての指差しがほとんどできませんでした。

6択は壊滅的…2択でもダメで、最終的に片方は白紙・片方は靴下の絵が描いてあるページまで行って、そこで靴下の絵をようやく指差して終わりました。

結果は、特に問題なしでした笑

当時はなぜこれで問題なしになったんだろう?と思っていたのですが、周りのママの話を聞いたり、2人目の子を1歳半健診に連れて行って健診を受けることで、指さしのチェックって正解の絵を選ばせることだけが目的ではないんだと感じました。

「指差して」や「どれかな?」と聞かれたときに、『言葉の意味を理解しているか?』間違っていてもいいから『指をさして伝えようとするか?』を見ているのかなと思いました。

なので、当日全くできなくても普段指差しで自分の意思を伝えようとしてくれていたり、1つでも絵本のイラストを指差しできれば、そこまで深刻な指摘をされる可能性は低いのかなと思っています。

普段の様子や目が合うかどうかや言葉の発達も含めて総合的に判断しているようです。

1歳半健診の目的

1歳半健診のは何のためにするの?
運動機能・精神・身体の発達をチェックするため
先天性疾患や精神発達の進度などの問題の早期発見
生活習慣や虫歯の予防、食事等の指導
保護者のサポート

1歳半健診と聞くと、何かテストされるような感覚になってしまうのですが、そうではありません。

子どものできる・できないを単にチェックしているわけではなく、問題を早期に発見することで支援やサポートにつなげたりアドバイスをしたりといった対応をするために行っているのですね!

1歳半健診の問診票の内容は?

1歳半健診の問診票の内容は?

1歳半健診の問診票は、1歳半を迎える1カ月前ほどに送られてきます。

実際の健診の指定日よりもだいぶ前に送られてくるので、なくさないように気を付けましょう!

さて、問診票の内容ですが主な内容は6点です。

①これまでに受けた予防接種
②いつ首すわりしたか?や歩き始めはいつか?等の成長について
③相談したい事の有無
④歩きますか?や指差ししますか?等の発育に関して
⑤生活時間と食事内容
⑥両親の育児状況

母子手帳を見ながら書かなくてはいけない項目もあって少し時間がかかりますが、受付時に手間取らないためにも全て埋めるようにしましょう。

SunaSuna

この問診票を元に、問診をされたりアドバイスを受けたりするので、しっかり記入しましょう!

スポンサーリンク

1歳半健診の持ち物

1歳半健診の持ち物

1歳半健診の持ち物は、案内の用紙に記載されています。

新しく買って揃えなくてはいけないものはありません。

バスタオルやオムツセットなど持ち物が多くなりがちなので、ちょっと面倒ですが頑張りましょう…!

指定されている持ち物

1歳半健診の持ち物
母子手帳
問診票
オムツの替え
歯ブラシ
くつ袋
バスタオル

オムツは、身体測定時に乾いたオムツ1枚になる必要があるので、そこで使用します。

しかし、その前にタイミング悪くうんちをしてしまう可能性を考えると、オムツは2枚持っていくと安心だと思います!

また、靴袋に関しては自分の靴を入れるわけではなく、身体測定時に子供が履いていた靴を入れるための袋でした。

靴が入るものならビニール袋でも何でも良さそうでしたよ!

あると便利な持ち物

指定されているもの以外に、あったら便利そうだと思ったものを書いていきます!

とはいえ、待ち時間中は子供たちは走り回っていたり、大人しく椅子やママに抱っこしていたりする場合が多いので何も持って行かなくても大丈夫そうな気がしました。

もし、お気に入りのおもちゃがあれば持っていけば安心だと思います♪

子どもは抱っこやベビーカーで来ることが多いと思いますが、靴は絶対に忘れない方が良いです。

忘れてしまうとずっと抱っこして待っていなくてはいけなくなり、とても大変です…!

あれば便利な持ち物
お気に入りのおもちゃや絵本
子どもがいつも履いている靴と靴下
飲み物

引っかかったらどうなる?

引っかかったらどうなる?

1歳半健診でもし引っかかってしまったらどうなるのかを調べてみました。

パターン①アドバイスされる

軽度のことであればアドバイスをされておしまいということもあります。

今回、長女は歯科検診の際に指しゃぶりを指摘されてしまいました。

確かに娘は眠い時やちょっと退屈な時に指しゃぶりをするくせがあります。

先生は、「今すぐ辞めさせる必要はなく3歳までに徐々にやめさせていけたらいいですね。」というアドバイスと共に、やめさせ方に関しても方法をアドバイスしてくれました!

パターン②経過を観察して後日再度健診を受ける

身体面や指差し、言葉、積み木を積む等、何らかの懸念点がある場合は後日もう一度診せに来るように言われます。

今回は言われなかったのですが、前回4ヶ月健診時に長女は引っかかって再受診になりました。

その後、指定された日に再度同じ場所(区役所でした。)で診察してもらいパスしました。

再受診時に、引き続き懸念点がある場合などは、専門の医師や臨床心理士さんに引き継がれる場合もあるようです。

パターン③発達支援教室を紹介される

言葉の発達や目が合わない、多動気味などの困りごとがある場合は、保健士さんと面談後に発達支援教室を紹介されることもあります。

ただ、紹介されたからと言って絶対に行かなくてはいけないわけではないようなので、一旦自宅に戻ってから返事をしてもいいと思います。

練習や事前準備はしなくていい

事前の練習はしなくていい

1歳半健診は、テストではありませんので内容を事前に知ったからと言って練習をする必要はないのです!

ありのままの今のわが子の発達状況を見てもらいましょう。

練習は必要ないですが、どうしても心配だったり何かしたい場合には、日常生活で物の名前を丁寧に言ってあげたり、話しかけてあげたり、テレビや絵本に出てくる物の名前を教えてみたりと言った親子のやり取りを今からでも遅くないので意識してやってみてはいかがでしょうか?

まとめ

終わりまでドキドキの1歳半健診でしたが、終わった後は自分の子供の成長具合が分かりホッとしました。

と同時に、やはり指摘されたこと(指しゃぶりと歯の関係など…)はまだ少し引きずっています^^;

1歳半健診の結果や言われたことは、自宅に戻ってから夫と共有することで少しだけ心が軽くなりました。

できないことがあっても、子どもはこれから成長していくし、今必要な支援やサポートにつながることもできます!

あまり緊張せずに、わが子の成長を確認することのできるいい機会と思って気楽に臨みましょう♪

スポンサーリンク